千原ジュニアを完全にナメている後輩芸人 「喧嘩になってもおかしくない」

『にけつッ!!』で千原ジュニアは、三四郎・小宮浩信の楽屋挨拶が「ナメている」と語る。

エンタメ

2020/01/20 14:30

千原ジュニア

19日深夜放送の『にけつッ!!』(日本テレビ系)に、お笑いコンビの三四郎が出演。小宮浩信の楽屋挨拶時の態度について、千原兄弟・千原ジュニアが物申した。



 

■ジュニアを「完全にナメてる」

小宮が登場すると、「コイツ完全に俺のことナメてる」と楽屋挨拶について話し始めたジュニア。小宮がノックをせず無言で睨みつけて帰っていく様子を再現すると、「あれなんやねんお前!」と詰め寄る。

小宮は、ジュニアが大きな音が苦手と聞いていたため、限りなく小さい音でノックをしていると弁解。さらに、「目つきは生まれながらのハンデキャップだから仕方ない」とコメントした。


関連記事:三四郎・小宮、いじられキャラとして圧倒的 「みやぞんにもいじられてる」

 

■さらにヒートアップ

しかし、納得のいかないジュニアは「じゃあそれを補うワードでやれや!」「睨んでるだけやで。喧嘩になってもおかしくない」とヒートアップ。「よろしくお願いします」と一言添えているつもりという小宮だが、ジュニアには聞こえていないそうだ。

すると小宮は、「肺活量が脆弱なんですよ僕」「朝一番最初の収録なんで言ってるつもりでも届いてない。『あ、声が世に出てない』とは思ってます」と言い訳し、スタジオを沸かせた。


■後輩のこと気にかけている?

ノックや声の小ささを指摘したジュニアだが、それだけ小宮の気にかけているということだろうか。

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,653名を対象に調査を実施したところ、全体の16.1%が、「気にかけている後輩がいる」と回答した。

気にかけている後輩がいるグラフ

「普段の言動でもナメてんなってわかる」と言いつつも、終始仲よさげな雰囲気の2人であった。

・合わせて読みたい→菊地亜美、別人すぎるガングロ写真に騒然 「誰かまったくわからん…」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)