金子恵美元議員、夫の宮崎謙介より別の議員が好きだった 「最初はコイツ頭おかしいなって…」

『博多華丸のもらい酒みなと旅2』で元国会議員・金子恵美が夫・宮崎謙介との関係について赤裸々に語った…

エンタメ

2020/01/20 17:20

金子恵美
(画像は金子めぐみオフィシャルブログのスクリーンショット)

元衆議院議員の金子恵美氏が19日深夜放送『博多華丸のもらい酒みなと旅2』(テレビ東京系)に出演。同じく元国会議員の夫・宮崎謙介氏について赤裸々に語った。



 

◼顔は好みじゃない

博多華丸、ジャングルポケット・太田博久、放送作家の野々村友紀子氏と4人で永田町を舞台に酒を酌み交わしたこの日。ほろ酔いの金子氏は夫の宮崎氏について赤裸々なトークを展開していく。

金子氏の妊娠中、「男性の育休」を声高に叫んでいた宮崎氏の浮気が発覚。

世間を騒がせ議員辞職にまで追い込まれた宮崎氏だが、そんな夫を許し結婚生活を続ける決断をした金子氏に、華丸は「許してしまう『わかるわ、あの人なら』ってほどの(カッコいい)顔じゃない。みんなに好かれる顔じゃない」と指摘する。


関連記事:金子恵美元議員の「夫は何よりも私を優先してくれる」発言に総ツッコミ

 

◼最初の印象は「頭おかしい」

この華丸の主張に金子氏も「顔は好きじゃない」と賛同。そこから「同じくらいの身長の、別の政治家が好きだった」と実は別の男性に惹かれていたと告白した。

そんな状況で宮崎氏と結婚するに至ったのは、「永田町の異端児だった、政治家としての尊敬が先にあった」からだと金子氏は語る。

初めて国会議事堂に登院する日に宮崎氏が声をかけてきたのが2人の出会い。

「議事堂の階段を登る私の後ろ姿を見て『コーヒーを飲もう』と声をかけてきた」とナンパに近い出会いだったと明かし、これから国政に携わるなかでナンパしてきた宮崎氏に対して「本当にコイツ頭おかしいなって思った」と当時を振り返った。


◼2割弱が「ナンパをしたことがある」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査したところ、全体の14.8%が「ナンパをしたことがある」と回答している。

ナンパの調査

ナンパするのは少数派だが、宮崎氏はその少数派に当てはまる。さらに言えば、国会に初登院した日に金子氏に声をかけた宮崎氏だけに、そのなかでもナンパ経験が豊富なタイプなのかもしれない。

・合わせて読みたい→テリー伊藤、不倫疑惑をスルーした小泉環境大臣を擁護 「説明されたって滑稽」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)