有名マッチングアプリ『Tinder』で女性ユーザー7万枚超の写真と個人情報が流出

マッチングアプリに個人情報をあれこれと入力し、顔写真を晒す。やはり危険が伴うようだ。

社会

2020/01/21 10:00


 

■退会者のデータこそ狙われる

米国のニューヨーク市サイバー性犯罪対策課では、顧客データの破棄がデータ流出のきっかけとなっている可能性を強く指摘する。つまり会員登録者ではなく、退会者の個人データが破棄される瞬間がより狙われるのだろうか。

また、収集した画像が偽のプロフィールを添えられ「なりすまし詐欺」として利用されるなど、情報が悪意で利用される時期については予測不能。Tinder側はユーザーの被害を最小に食い止めるため、現在ありとあらゆる策を講じているという。


関連記事:『ねほぱほ』マッチングアプリで婚活する女性 既婚者に騙されて恐怖の復讐

 

■大阪民泊バラバラ殺人事件

2018年2月には、兵庫県三田市の当時27歳の女性がTinderで知り合った米国人に殺害される、「大阪民泊バラバラ殺人事件」が起きていた。

無料登録で気軽に使えるマッチングアプリも、ニックネームの設定を怠れば本名が晒される可能性も。Facebookや他のSNSに学校・会社名を公開していれば、身バレはあっという間であることも覚えておきたい。

・合わせて読みたい→様子がおかしい夫のLINEを覗いたら… まさかの画面に「何かが壊れた」と絶句

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)