ヒカキン、前澤社長お年玉企画の結果を顔で報告 「笑った」「ジワる」

人気ユーチューバーのヒカキンが自身のツイッターを更新。前澤お年玉企画に落選したことを顔で報告した。

エンタメ

2020/01/21 05:30

HIKAKIN

人気ユーチューバーのヒカキン(HIKAKIN)が20日、自身のツイッターを更新。応募したことを公言していた、前澤友作氏のお年玉企画の結果を『顔』で報告した。



 

■変顔で落選を報告

しらべぇ既報のとおり、ZOZO前社長で、スタートトゥデイ社長の前澤氏が行なったお年玉企画。100万円を1,000人に配るという大盤振る舞いで、19日にその当選者が特設サイトにて公開された。

そんななか、結果報告に反響が集まったのがヒカキン。落選時に流れる前澤氏の動画と、自身の変顔写真を並べて投稿したのだ。ツイッターの仕様的に、悲しげな前澤氏の表情とヒカキンの変顔が並んで見え、絶妙な不協和音を奏でている。

文面も泣き顔の顔の絵文字1個と非常にシンプルだが、それがさらにシュールさに拍車をかけている感じだ。


関連記事:チョコプラ長田、100人に100円の送金開始 「ネタでしたと言えない雰囲気が…」労いの言葉も

 

■当選を祈っていたヒカキン

2日時点では「お年玉当たりますように」と前向きに綴っていたヒカキン。絵文字も3種類で、前澤社長を意識したのかロケットのものも添えられていた。

彼がこのツイートをしたとき、「必要ないでしょ」「あなたは配る側では」などの声が集まっていたが、前澤社長もそう判断したのだろうか。

次ページ
■「ジワる」「笑った」