サイゼリヤは台湾でもすごかった 各メニューがお値段以上のクオリティ

サイゼリヤが台湾で独自の進化を遂げている。

グルメ

2020/01/21 11:00

安くて美味しい庶民の味方・サイゼリヤ。「サイゼリア」と誤表記されがちだが、正しくは「サイゼリヤ」である。

今や台湾、香港に限らず中国でも「聖母のよう」だと評価されている当社だが、気になる海外のメニューはどういたラインナップがあるのだろうか。訪台した記者がお店にお邪魔してみた。


画像をもっと見る

 

■台湾サイゼリヤはタンパク質が多め

今回訪れたのは、日本人を含む外国人が多く住むエリアにある店舗。店内は清潔で明るく、日本のサイゼリヤを彷彿とさせる作りになっているのだが、おなじみの「天使の絵」ではなく、イタリアの景色等が描かれたアートが飾られていた。

気になるメニューはこちら。全体的に日本より品数が多い。

メインディッシュはグリルチキン、ステーキの他にミートボールやサーモンなど見たことのないものが。

また、定番である「辛味チキン」の他に、チキンナゲットやジャガイモのチーズ焼きなどのおつまみも豊富だ。


関連記事:はま寿司、ついに『ピッツァマルゲリータ』をメニューに載せてしまう

 

■ランチメニューも低価格

日本では500円とお得なランチだが、台湾でも99元~(約356円)とリーズナブル。パスタ、ドリア、ピザに定価45元のドリンクバーが付いてくるシステムだ。

実質料理が54元(194円)という狂っているとしか思えない価格設定なのだが、これが平日毎日行われているのだから驚きである。

今回は99元メニューから、「カレードリア」を注文。サイズが大きく、一品のみでも大変満足できる量が提供された。日本のミラノ風ドリアはなんだか物足りないという人でも、これならお腹いっぱいになることが可能だろう。

次ページ
■ピザが驚くほど美味い

この記事の画像(9枚)