田村淳、『ラブライブ!』愛でみちょぱを圧倒 「そっち系とか言うのが偏見」

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2020」授賞式が開催。ゲストで登場した田村淳がアニメ、漫画への愛を語り、共演者のみちょぱを圧倒。

21日、東京・恵比寿で電子書籍サイト「コミックシーモア」主催のコンテスト「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2020」授賞式が開催。

ゲストとしてお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳、“みちょぱ”ことモデルの池田美優が登場し、お気に入りの漫画についてトークセッションを行った。


画像をもっと見る

 

■横山光輝『三国志』を激推し

コミックシーモア

「漫画は教育機関。学校で教えてもらえないこと、人生で大切なことを漫画から教えてもらってきた」と持論を展開した淳。

好きな漫画については横山光輝の『三國志』を挙げ「諸葛亮孔明が思いもよらぬ策略で困難を乗り越えるシーンを見て、人生に悩んだ、壁に当たった時、何かいいヒントがないかと読むんです。しかも諸葛“亮”、奇しくも相方の名前がはいっている」と人生のバイブルにしていることを明かした。


関連記事:ロンブー淳、仕事中の大失態にツッコミ殺到 「謝罪会見しないと」

 

■愛称の語源にも

コミックシーモア

一方の池田は「漫画は教科書よりも大事な物。教科書はつまんないから(笑)。読んでいて元気付けられることも多いですし」とコメント。

好きな作品は『ONE PIECE』で、「チョッパーから名前をいただいて“みちょぱ”にしていくるくらい(笑)。胸に刺さる名言とかが多くて、めちゃくちゃ泣いたこともあった。無性に泣きたい時は、エースが死ぬシーンを難度も読み返して枕を濡らしている」と話す。

次ページ
■火がついてしまった淳

この記事の画像(5枚)