“セイレーン”に見つかるな… サンシャイン水族館が「恐怖の空間」に

サンシャイン水族館 ホラー水族館「海の妖女“セイレーン”~生きている恐怖~」 が1月23日より開始。前作よりもパワーアップした恐怖が…。

地域

2020/01/22 12:00

サンシャイン水族館が、血に濡れた恐怖の空間に…。

お化け屋敷プロデューサー・五味弘文氏の全面プロデュースによる“ホラー水族館”が、また始まってしまったのだ。知ってる、怖いって知ってる。夏の「七人ミサキ」で懲りてる。


画像をもっと見る

 

■セイレーンを捕獲するため、何人もが…

それでも体験しに行ってしまうのがしらべぇ取材班。第4弾となる今回のテーマは、ギリシャ神話の中に登場する生き物で、半人半鳥の姿をしている『セイレーン』。美しい声で船乗りを惑わし、船を難破させてしまう存在だ。

サンシャイン水族館

羽の生えた人魚や二つ尾を持つ人魚などとして多くの絵や工芸品、書物などに描かれているが…今回サンシャイン水族館で生体展示されることとなったセイレーンは、絵に描かれたような妖艶な女性ではなく、もっと凶暴な“野生動物”に近いもの。

「この珍しい生き物を生きたまま捕獲しようとした漁師の一人は、鋭い歯によって喉を食い破られて死亡した。また別の漁師は、長い爪によって腹を割かれ、重傷を負った。生体展示をするに当たって、何人もの水族館スタッフが犠牲となっている。


セイレーンの生態が十分わかっていないため、予想もし得ないことが起こるかもしれない。この観覧は貴重な体験だが、自分の身は自分で守りながら体験してほしい」


…もう、絶対何か起きるじゃん。


関連記事:夜はちょっぴりオトナ仕様? サンシャイン水族館の新企画が攻めすぎ

 

■多くの資料展示

水族館内に入ると、青く照らされた水槽がすでに不気味。

サンシャイン水族館

水槽の前には、セイレーンに関する資料が展示されている。ちょっと怖いイラストから、

サンシャイン水族館

手、

サンシャイン水族館

さらにはミイラまで。

サンシャイン水族館

一つひとつしっかり見たいような、早くこんなところ抜けてしまいたいような…。

次ページ
■セイレーンが…

この記事の画像(17枚)