秦由加子、蜷川実花撮影の写真に驚愕 「パラアスリートかわからないのでは」

『Go Journal ISSE 04 発刊記念アスリートトークイベント』にトライアスロンの秦由加子選手が登場した。

秦由加子
(『GO Journal ISSUE 04発刊記念アスリートトークイベント』)

トライアスロンの秦由加子選手が23日、『Go Journal ISSE 04 発刊記念アスリートトークイベント』に登場した。

『渋谷スクランブルスクエア』内には、秦選手と車いすバスケットボールの鳥海連志選手の特大写真が展示されている。いずれも同紙に掲載されているもので、写真家・蜷川実花が撮影したものだ。



 

■芸術的な出来上がりにうっとり

撮ってもらった写真を見て、秦選手は美術的な仕上がりに驚いたという。

「もはやパラアスリートかわからないくらい、顔だけの仕上がりにびっくり。駅とかにも掲示してもらっているけど、見た人はこの人はなにをしているのかと思うのでは。でもそれこそがこの企画の目的の一つでもあると思う」。

鳥海選手も「撮影時と出来上がりのギャップがあって、かっこよかった」とうっとりした様子。


関連記事:トライアスロン・秦由加子選手 「トライアスロンすると開放的になれる」

 

■パラアスリートへの見方が変わってほしい

秦選手は続けて、「写真がきれいだと思うと見方も変わるのでは」と、パラアスリートへの見方が変わることを期待する。

「写真を見てきれいだなと思って、この人はどんな人なんだろうと興味を持ってもらうのが一番。パラの人がトレーニングしているのが日常になっていないのが現状で、練習していると『パラリンピックに出るんですか』と聞かれることもよくある。でもすぐ出られるわけではないし…。きれいだなと、美しいな、といった視点から見れば見方も変わるのでは」。


■オフには講演会

(『GO Journal ISSUE 04発刊記念アスリートトークイベント』)

秦選手は、シーズン中はプレーに集中しつつも、オフになると学校などに出向き、生徒に自身の体験談を講演で話している。

「自分が出られるのは、支えてくれたたくさんの人のおかげだと思い、恩返しがしたいと思い(講演を開いている)」と感謝の言葉を口にしていた。イベントでは、実際に講演をおこなった学校の生徒から、話を聞けたことへの感謝を述べたサプライズムービーが流れ、「嬉しい」と涙する場面もあった。

・合わせて読みたい→平愛梨、4回目の結婚記念日に… 長友佑都との密着ラブラブ写真

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(2枚)