大泉洋、松重豊にアルハラ? 「本当に地獄の3時間でした」

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』完成披露試写会に大泉洋、小池栄子らが登場。

集合写真
(映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』完成披露試写会にて撮影)

俳優の大泉洋が23日、東京・丸の内ピカデリー2で開かれた映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』完成披露試写会に登場。映画の役柄や、撮影時の秘話を語った。


画像をもっと見る

 

■モテ男の役だが…

何人もの愛人を抱えるモテ男・田島周二を演じた大泉は、自身の役について問われ「やたら“モテ男”と言われるんですが、オファー時は強調されなかったので意識しなかった。映画を見てもらえばわかるんですが、モテてるシーンってないんですよ!」と力説。

成島監督に話を振るもニコニコ笑うだけで、「…監督、笑ってるなぁ。ここは喋るところですよ!?」と思わず苦笑いに。

大泉洋
(映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』完成披露試写会にて撮影)

そんな田島と大泉の共通点を問われた小池は「やはりチャーミングさ。大泉洋さんを嫌いな人って聞いたことがない」とべた褒め。

「人間としての豊かさ、チャーミングさが注入されていて、どのシーンを見ても愛おしく感じる。惚れてしまうなって納得しました」と続けると、大泉は「割といいこと言うな」とニヤリ。



関連記事:濱田岳、橋本愛にベタ惚れ? 「やられました…」とマジ告白

 

■お互いにグッドバイしたい!?

そんな息ぴったりの主演2人だが、タイトルに絡めて「グッドバイしたいこと」を問われてあげたのはお互いの名前。

小池が「大泉さんとプロモーション活動でバラエティ出させていただきまして。とっても楽しかったんだけど、大泉さんとグッドバイした後にすごく安らかな気持ちになる」と言えば、大泉も「正直、この人と一緒に番宣に出たいと思ってない! 延々ものまねさせられて。あんなに早くマイケルジャクソンやらされたことないから!!」と嘆く。

(映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』完成披露試写会にて撮影)

この「マイケルジャクソン」を拾い、小池は「今日来たお客さんだけのために…」と無茶振り。

「これ、超グッドバイしたい…」と嘆きつつ披露するも、すごいシャッター音の数に「写真やめてもらっていいですか、厳しいわ! 本当にやだ、お前とのキャンペーン、本当に嫌!」と叫びだす。



■大泉がアルハラ?

そんな大泉だが、松重が「一昨年くらいにお酒とグッドバイしまして。ですが、主役のかたに天ぷら屋さんに呼ばれて…『こんなおいしいものを前に、お酒飲まないんですかぁ〜?』って。アルハラ。そこから3時間。そんなに面白くないのに笑い声が大きくなっていって、町中轟くくらい」と暴露。

(映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』完成披露試写会にて撮影)

これには「ひゃっひゃっひゃっ」としゃがみこんで大爆笑してしまう。

さらに「地獄でしたね」と追い打ちされ、「さっきも『まだ酒やめてるんですか? 足利で楽しかったですねぇ〜って…」と話しかけていたと明かす大泉。松重は「君は楽しそうだった、3時間本当に。細かく覚えてないでしょ、それが酔っ払いなんですね」と冷静に突っ込んでいた。


【グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~】
公開:2月14日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
コピーライト:©️2019「グッドバイ」フィルムパードナーズ
配給:キノフィルムズ
キャスト:大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江/濱田岳/松重豊

・合わせて読みたい→『ホンマでっか』大泉洋に対する専門家の発言に違和感 「かわいそう」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(12枚)