武田玲奈、撮影日と誕生日が重なり… 「生徒さんが祝ってくれた」

ドラマ『おいしい給食』のDVD発売記念舞台あいさつがおこなわれた。

エンタメ

2020/01/24 06:45

武田玲奈

女優の武田玲奈が、23日にドラマ『おいしい給食』(TOKYO MXなど)のDVD発売記念舞台あいさつに登場した。



 

■誕生日と撮影日が重なり…

本作で武田は御園ひとみという国語教師役で出演。印象に残った撮影シーンは、ちょうど誕生日の日でもあったという。

「吹奏楽部のシーンで、誕生日を迎えて、吹奏楽部の生徒さんが『HAPPY BIRTHDAY』を弾いてくれたのが、すごく印象と思い出に残っている。めちゃくちゃ上手で…。演奏してくれるのを知らなかった」。


関連記事:武田玲奈、市原隼人のラマーズ法に「必死に笑うのをこらえました」

 

■役の見どころ

自身の役の見どころについては「不器用なところは、自分にも通じたりする。御園先生はがんばり屋で、空回りすることもあるけどそれもかわいい。見習わないとな、と思う」と話す。

作品ではほかにも、監督が一人一人に声をかけ「みんなで作っていく」感じがあり、そこに武田も感銘を受けたという。「作品中で登場した小説を実際に読んでみるとか、どこに(人生の)きっかけが落ちているのかわからないので、楽しみ。新たな発見にもなるはず」と話した。


■巨大スプーンを渡され苦笑

給食にちなみ、イベントでは給食センターのスタッフから巨大スプーンが市原隼人の手元に渡される場面があった。

市原は「これで給食食べたい(笑)。給食は日本の義務教育で、すごく意味があるもの。日本の未来を担う子供のためにみなさんありがとうございます」と感謝の言葉を口にした。

同作品のDVD-BOXは2月5日に発売開始。

・合わせて読みたい→「希望してない食事代を払わないといけないのか」 給食費未納対策の実態とは

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

この記事の画像(2枚)