『ケンミンSHOW』岡山の美食“カキオコ”とは? その正体が話題に

23日放送の『秘密のケンミンSHOW』では、岡山県名物”カキオコ”を特集。ネットで話題に。

グルメ

2020/01/24 07:45

お好み焼き
(ahirao_photo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

23日放送の『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)は、「全国ホットプレート&お鍋」特集。岡山県の名産「カキオコ」が、ネット上で話題になっている。


画像をもっと見る

 

■恐るべき牡蠣の量

一風変わったネーミングだが、じつはこれ、「牡蠣がたっぷり入ったお好み焼き」の略称だ。作り方はいたってシンプル。ホットプレートに生地を敷き、キャベツの千切りを投下。そのうえに、牡蠣を置いていくというもの。

だが注目すべきは、その量。3つや4つではなく、生地やキャベツが全て隠れるほどに、大量に載せる。これにはスタジオからも「多すぎる」とツッコミが。

一方、カキオコ好きの県民からは、「牡蠣は多いほどエキスが出てうまい」「牡蠣の出汁でお好み焼きを食べてる感じ」といった声が上がっていた。


関連記事:『鉄腕DASH』城島茂の「ダジャレ」を生放送 異例の内容に賛否

 

■「美味いに決まってる」

この「カキオコ」の由来に、ネットからは「そのまんますぎる」「予想はしてたけどその通りだった」といったコメントが。

一方、美食同士の奇跡のコラボとあってか、「こんなの美味いに決まってるじゃん」「今度出張で行ったとき食べよう」と、その味に期待を寄せる声が多く見られた。

次ページ
■夕食中の家庭を訪問すると…

この記事の画像(4枚)