佐藤大志、苦手なほうれん草は「好きなチーズと…」 独自の食事法明かす

ドラマ『おいしい給食』のDVD発売記念舞台あいさつに、佐藤大志が登場した。

佐藤大志

俳優の佐藤大志が、23日にドラマ『おいしい給食』(TOKYO MXなど)のDVD発売記念舞台あいさつに登場した。

同作品で佐藤は、中学校の生徒・神野ゴウ役で出演している。



 

■撮影時の裏話

給食がテーマの本作。佐藤は撮影時の思い出について「撮影中は、本当に爆食い。ガツガツ食べています(笑)。(常に食べ物を)こぼしたくないと考える派なので、(自分で)見返しても面白かったです」と振り返る。

自身の役どころは「自分が好きな給食を、人の目を気にせず好きになって世界観に入るところ。自分の世界で楽しんでいるのも魅力」と語った。


関連記事:武田玲奈、市原隼人のラマーズ法に「必死に笑うのをこらえました」

 

■中学生らしい悩み

中学生といった思春期の子供は、野菜の好き嫌いが激しい人も多い。実生活でも佐藤は嫌いなものがあるようで、工夫してなんとか口にしているという。

「ほうれん草が苦手で、普通になにも手を加えられていなかったら食べられない。でも、チーズ、ベーコンとか好きなものと一緒に食べて、ほうれん草そのものの味を消し去ったら栄養をとれますよ(笑)」と、独自の食事法を明かした。


■市原隼人のセリフに困惑

おいしい給食

撮影の裏話を綾部真弥監督が「セリフの一言で、市原くんが『リンゴやるからカツくれ』と。チームワークができているからこその奇跡的な瞬間があった」と、主演を務めた市原隼人の演技裏を暴露。

このセリフを受け止め演じた佐藤は「どうしようかなと思い、一瞬戸惑いました(笑)」と苦笑いを浮かべていた。

3月6日には劇場版『おいしい給食 Final Battle』が公開される。

・合わせて読みたい→本田翼、撮影現場で起きた“ある騒動”に猛反省 「大人の対応を覚えたい」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(2枚)