どれを試してもつらいまま… ストレスの発散方法がわからない人の言い分

日常生活を営む上で、ストレスはなかなか避けられないものである。上手にストレスを発散できればいいのだが…。

ライフ

2020/01/25 08:00

サラリーマン
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

社会生活を営んでいれば、なにかしらのストレスを抱えてしまうものだ。上手にストレスを発散できるかどうかが、毎日を生きやすくする鍵になるのだが…。



 

■「ストレス発散方法がわからない」4割近く

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、「ストレス発散について」の調査を実施。

ストレスの発散方法がわからないグラフ

「ストレスの発散方法がわからない」と答えた人は、全体で39.4%だった。


関連記事:嫌なことがあったときには酒に逃げる? 30代会社員が感じるストレスとは

 

■嫌なことを引きずってしまい

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

ストレスの発散方法がわからない性年代別グラフ

どんなストレス発散方法を試しても、気分が落ち込んだままだという人も。

「ちょっとでも嫌なことがあると、ずっとそのことを引きずってしまう。他のことも手につかないくらい気にしてしまい、どんどんとストレスがたまっていく状態。


好きな音楽を聞いたりお風呂にゆっくりと浸かったり、一般的によく行われるストレス発散方法を試すけれど、あまり効果は感じられない」(20代・女性)

次ページ
■大きな声を出して発散

この記事の画像(1枚)