塩野瑛久は「怖いやつ」? 猪野広樹が第一印象とのギャップを明かす

塩野瑛久主演の舞台『DEACADANCE-太陽の子-』の囲み取材が行われた。

エンタメ

2020/01/25 05:15

DEACADANCE-太陽の子ー

24日、「男軍団 青山表参道X」副団長の塩野瑛久が、主演舞台『DEACADANCE-太陽の子―』の初日公演前に行われた囲み取材に登場した。


画像をもっと見る

 

■座長として安堵した表情

塩野瑛久

初日を迎えるにあたっての気持ちを聞かれると、塩野は「まずは誰も欠けることなく、初日を迎えられて本当に良かったです」と安堵した表情。

「本当にあたたかいカンパニーで、みんなそれぞれの良さを出してくれている」と話した。


関連記事:ウエンツ瑛士、1年3ヶ月ぶりにテレビ出演果たす 近影に「若返った」の声も

 

■「絶対に怖いやつだ」と思った

猪野広樹

塩野の印象について、猪野広樹は「瑛久は顔合わせのときに『絶対に怖いやつだ』と思ったけど、意外と気さくに喋ってくれた。座長感ないとか本人は言ってますけど、意外とって言うと失礼だけど、意外とある」と第一印象とのギャップを回顧。

「しっかり見てるし、相方の方と一緒にディスカッションして、周りの芝居をちゃんと見て、頼りがいのある座長でした」と絶賛した。

次ページ
■4人の中で一番いい体は塩野

この記事の画像(11枚)