豚にバンジージャンプをさせたテーマパーク 「動物虐待で最低」と批判殺到

拒否できぬ動物に対し、あまりにも残酷な行動に出た人々。これを笑って見ていたという人たちに、良心はあるのか。

社会

2020/01/26 09:20

ブタ
(CysarPhoto/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新たにできたテーマパークの開園イベントで、バンジージャンプの宣伝をするために豚を使う演出に対して、SNSを中心に批判の声が多くあがっている。



 

■テーマパーク開園行事

中国重慶市近くに新しいテーマパークが建設されたことを機に、1月18日にオープン記念のイベントが開催された。

スリル満点のバンジージャンプも楽しめるテーマパークには、この日なんと約75キロもある大きな豚も登場。4人の男性スタッフが力をあわせ、豚をジャンプ台まで運んだ。


関連記事:ラーメンファンに「豚の呼吸」が大流行 豚柱を名乗る店主も登場

 

■突き落とされた豚

ジャンプ台に到着するなり、スタッフは豚の体にバンジージャンプ用のハーネスと派手な色のマントを装着。70メートル下に向け豚を勢いよく突き落とし、見物人の一部には、猛スピードで落下する豚の姿を見て声をあげて笑っていた人もいたという。

バンジー後に地面に下ろされても横たわったままの豚は、気を失ったようにグッタリ。ハーネスが外されても調子はずいぶん悪そうで、引きずられて退場していったと伝えられた。

次ページ
■動画の拡散と批判噴出

この記事の画像(1枚)