「こすかー!」この意味分かる? 地元民にしか伝わらないネタ話が白熱

ローカル過ぎて地元民意外には通じないネタは少なくない。これが通じたら投稿者と同じ地元だろう。

地域

2020/01/26 08:40

京都大原の田舎村自然ビュー
(Travel and Still life photography/iStock/Getty Images Plus/ 画像はイメージです)

隣の県なのにまったく通じない言葉など地域特有のネタが全国にある。あまりのローカルさにそれが通じただけで同郷とわかってしまう人もいるのではないか。

女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では「地元の人にしか伝わらないことだけ書いて去るトピ」が登場。ほとんどのコメントがセリフや単語のみ。はたして、いくつわかるだろうか。



 

■鉄板のテレビ・CMネタ

まずはテレビに関するもの。CMや番組などローカルなプログラムの宝庫ともいえる。掲示板に寄せられたものを拾ってみると、「うまい、うますぎる」や「そりゃ内緒くさ。こすかー!」、「ながーいお付き合い」などがある。

一番最初のネタは今や埼玉県民以外にもある程度の知名度を得ている「十万石まんじゅう」のCMのセリフ。そして2番目の「こすかー!」が印象的なネタは「博多通りもん」のCMの一節だ。

いくつかのバージョンがあるが、公式サイトで03年から11年に放送されていた「櫛田神社編」に当該のセリフがあるのを確認した。

最後は一見するとシンプルだが、これもローカルネタ。京都銀行のCMで使われているコピーだ。公式サイトを見ると04年から始まったとのことで、意外に新しいCMだ。


関連記事:おのののかが堺正章を「おやじ」扱い?境界線を探ると…

 

■行ってない人はわからない?

テレビやCMネタは動画サイトやSNSで知っているという人もいるだろう。では、これはどうか。「杏林堂」、「JOY401」といったものだ。

この2つはお店や商業施設の名前。前者は静岡西部や中部を中心に展開する「杏林堂薬局」のこと。後者は長野県塩尻市にあった商業施設の名前だ。現在「コミュニティマーケットプレイス・ギャザ」と名前を変えたが、90年のオープンから15年は「JOY401」だった。

お店や施設の名称は行ってみないとわからないことが多いため、なかなか外から触れる機会も少ないだろう。


■編集部でも聞いてみた

掲示板と同様のローカルネタを知っている人がいないか、編集部でも意見を求めた。すると、三重県出身の男性社員は「店でも食べてみやーち」と答えた。

なんのことかと思えば、あのスガキヤラーメンが過去に放送していたCMでの一節だった。山梨県出身の女性社員は「クリーニング志村」と答えてくれた。

CMの「早い! 安い! きれい!」や「クリ~ニング志村~」のフレーズは県民なら誰でも歌えると豪語する。確かにインパクトがあるため、何度か聞いたら覚えてしまいそうだ。

・合わせて読みたい→指原莉乃、歌は苦手? 生歌披露も緊張しすぎてセリフど忘れ

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也