『ブラタモリ』林田理沙アナ、ピアノを完璧に演奏 視聴者「カッコいい…」と感激

『ブラタモリ』(NHK)で、林田理沙アナウンサーがピアノを披露した。

タモリ

25日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリ一行が静岡県浜松市を訪問。浜松市といえばピアノが日本で初めてつくられた場所であり、そのシェアは40%、売り上げは1位を誇るという「ピアノの町」。

そんな浜松市で、アシスタントの林田理沙アナウンサーがピアノを披露し、その腕前が視聴者の間で称賛されている。



 

■完璧な演奏を披露

番組冒頭、新幹線の駅の中にあるグランドピアノに案内されたタモリと林田アナ。案内人は「もし良かったら林田さん何かお弾きになりますか?」と、林田アナに声をかけた。

なお、林田アナは東京藝術大学大学院を修了しており、研究テーマはピアノだったという。2018年に浜松国際ピアノコンクールを取材していた林田アナは「この駅ピアノ気になってはいたんですけど…」と、戸惑いながらもピアノの前に着席。

そして、林田アナはドビュッシーの「月の光」を演奏。弾き終えた林田アナは「いい音ですね~」と音色を絶賛し、タモリを含め周囲からは「おお~!」という称賛の声とともに拍手が送られた。


関連記事:『ブラタモリ』林田理沙アナ、迫り来るなまはげに放ったセリフが面白すぎる

 

■演奏する姿に絶賛続出

その後、オルガンで「メリーさんのひつじ」も演奏した林田アナ。そんな、様々な曲を瞬時に弾きこなす林田アナに対し、視聴者からは「林田アナカッコいい!」「ピアノを弾く姿がカッコ良かった!」と、感激する声が続出。

また、「林田さんが芸大出身と知ってさらに尊敬」「林田アナ、東京芸術大学出身とかすげー」など、林田アナが東京藝大出身と知り、尊敬する視聴者も相次いだ。


■ピアノを演奏することができる人の割合は?

しらべぇ編集部が、全国10代~60代の男女1,721名に調査を実施したところ、19.5%が「ピアノを演奏することができる」と回答。

ピアノ

全体のおよそ2割と、少数の人々がピアノを弾けるということが判明した。あまり弾ける人がいないピアノだが、今回披露された林田アナの演奏を見て弾いてみたくなる人が相次ぐかもしれない。

・合わせて読みたい→『ブラタモリ』姫路城で可愛すぎるゲストと遭遇 その行動にタモリ感激

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名 (有効回答数)