「教師は人気歌手とゲームくらい覚えろ」 教育庁トップの命令に若者たちは…

「学問だけ教えていればイイってもんじゃないんだ」と教育庁長官。そんな無茶な…!? 

社会

2020/01/27 11:30

ゲーム
(JJFarquitectos/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日々の学校生活において、小学生から大学生まで若い人々は「教師」に何を求め、何を期待しているのだろうか。また保護者世代の気持ちも気になるところだ。



 

■教育庁のトップが珍発言

上海市のすぐ南に位置し、5,400 万 人超の人口を誇る中国の浙江(せっこう)省。

18の大学を擁するなど教育も熱心なことで有名な同省の教育庁長官が、このほど省都・杭州市で開かれた集会で全ての教師に「若い者を相手に教育する以上、彼らの文化に精通しなさい」と語りかけ、その内容が波紋を広げてしまった。


関連記事:残酷なゲームの影響か? 6年生男児が教師を銃殺し自殺

 

■知らないのは不勉強と批判

「君たちは『PUB、LoL、王者荣耀』を知っていますか? 知らないならとんだ不勉強。今、大流行のゲームです。」

「李西安、肖戦、王一博を知っていますか? 今、すごい人気を誇るアイドルたちですよ。」

「まずはジェネレーションギャップの解消を図りましょう。今どき人気のゲーム、芸能人や曲を覚えなさい。」

長官の命令じみたこんな言葉に慌てふためく教育者たち。多くが中高年で、そんな無茶な…というのが本音だろう。

次ページ
■若者たちの反応

この記事の画像(1枚)