『鉄腕DASH』城島茂、初モノ奪取失敗で1年間マグロ断ち 「可哀想」との声も

年末年始から初モノ奪取に挑んだ城島茂と中丸雄一。その結果は…

エンタメ

2020/01/27 06:00


 

■店と交渉へ

競りを終えた山口社長は1番高いマグロを「すしざんまい」に競り落とされたものの、「1番良いマグロは俺が買った」「ここ何十年で1番のマグロ」と胸を張った。

城島が「私が頂くどうしたらいいのでしょうか」と聞くと、「直接卸先(店)に電話をかけてもらって…」と答え、卸す店が決まったらすぐに電話を入れることを約束する。

ロケ車で待機していると、山口さんから銀座の寿司店で使うとの連絡が。城島と中丸はマグロを追跡し、店で食べさせてもらうよう交渉することに。


関連記事:『鉄腕DASH』19年目の稲刈りが成功し安堵の声 明雄さんを想う視聴者も

 

■交渉の結果は…

城島は寿司屋の店主と交渉を始めるが、16時から個人の自宅に出張して握るため、分けることは絶対にできないという。

なんとかしたい城島は16時前に食べる術を模索。再度山口さんに連絡するが、日曜日ということもあり、銀座の寿司店以外に卸すマグロは、翌日になると告げられる。

結局「初モノのマグロゲット」は断念。宣言通り城島は2020年、マグロを食べることができなくなってしまった。

次ページ
■城島に同情が殺到

この記事の画像(1枚)