初代ミス夕刊フジの3人、はやくもおじさんキラーぶり発揮 「競馬場好き」

『夕刊フジ』のイメージガール「初代ミス夕刊フジ子」が決まった。過酷なサバイバルレースを勝ち抜いたのはねむいりさ、堀このみ、林加奈子の3人。

27日、東京・大手町で「夕刊フジ」創刊50周年を記念したイメージガール「初代夕刊フジ子」就任に関する表彰式が行われた。

グランプリを獲得したグラドルのねむいりさをはじめ、堀このみ、林加奈子のフレッシュな3人がビキニ姿で登場し、就任の挨拶を述べた。


画像をもっと見る
 

 

■「総力を上げてプッシュ」

ねむいりさ/掘このみ/林加奈子

冒頭に登壇した同紙の佐々木浩二編集局長は、「50年の歴史でイメージガールは初。平社員時代に企画を出したことがあったが、『誰も興味がないだろう』と上司に一蹴された記憶がある。それから約20年経って実現できたことが感慨深い」と思いを回顧。

3人は撮影会、ネット配信などのサバイバルを勝ち抜き「初代夕刊フジ子」に選出されたが、その一部始終を見続けた1人として「ウチだけじゃなくて、将来はさらに大きなステージでスターになってもらいたい3人です。本紙の総力を上げてプッシュしていく」と力強くコメント。


関連記事:仲村まひろ、しらべぇグラビア大賞GP獲得 美脇の秘密は「毛を伸ばして…」

 

■おじさんキラーの素質

ねむいりさ/掘このみ/林加奈子

グランプリになったねむいは、「小学校から12年ほど卓球をしてきましたが、いつも1位はとれなかった。他のコンテストでもグランプリとは縁がない人生でした。そんな中グランプリをいただけたことが本当に嬉しい。ファンのみんなに感謝の気持ちを忘れず活動していきたい」とコメント。

ねむいりさ/掘このみ/林加奈子

早速ミス夕刊フジ子として競馬場でのトークイベントに出演しており「初めてだったので緊張したけど、プライベートでも競馬場に行くようになるほどハマりました(笑)。競馬場好きです」と早くもおじさんキラーぶりを見せている。

次ページ
■役者上がりの林

この記事の画像(12枚)