宮迫博之、YouTube開設に批判も… 「ブログ」に注目が集まる

宮迫博之がブログとユーチューブチャンネルを開設した。そこに寄せられた反応は対照的だった。

反社会的勢力参加のパーティーに出席し金銭を授受していたとする、いわゆる闇営業問題で吉本興業から謹慎処分を受けていた雨上がり決死隊の宮迫博之が29日、ブログ『宮迫です。』と、ユーチューブチャンネル『宮迫ですッ!』を開設した。



 

■相方への強い思い

動画では一連の騒動を改めて謝罪。また現状報告として吉本興業から契約を解除され、明石家さんまの個人事務所に預かってもらっていると話した。吉本とは現在でもコミュニケーションをとっているようだが、今後については厳密に決まっていないという。

また現在の思いとして「30年以上誰よりも一緒にいて苦楽をともにした相方の横に戻りたいです」と訴えた。復帰についても「戻れないかもしれないが、戻るためのことはなんでもしたい」と語っている。


関連記事:加藤浩次、宮迫博之の謝罪動画に疑問 「本人の意思なんだろうけど…」

 

■ブログでも…

ブログの中でも騒動に対する謝罪をしつつ、「蛍原さんの隣に戻りたいコンビに戻りたいこの気持ちがあるから前に進みたいです」とコメント。ブログの末尾には少し硬い表情の自身の写真を掲載した。

「自分を表現する場所がほしい」「何からでもいいからチャレンジさせてほしい」「1から頑張ってみたい」との思いからユーチューブチャンネルを作った宮迫。本人の真摯さは伺えるが、ファンからの反応はユーチューブとブログでくっきり分かれた。


■肯定的なブログ、否定的なユーチューブ

ブログのコメント欄には「人生色々また活躍する姿を期待しています!」「悲しくなってしまうので後ろめたい事はもうしないでくださいね。どんな形でも応援してます!」など宮迫の復帰を歓迎、ないしは後押しするコメントが多い。

しかし、ユーチューブのコメント欄は「自分に甘すぎるわ」「こんなに甘えた人だとは思ってなかった」など辛辣なコメントが目立つ。応援する声もあるが、ブログの反応と比べると厳しい意見が多いようだ。

復帰についてまだまだ世間の厳しい声があるのも事実。本人が復帰に向けてどう動いていくのか、目が離せない。

・合わせて読みたい→松本人志が考えた『今年の漢字』に視聴者驚き 「さすがです」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部