警視庁考案 「メガネが曇らないマスクの付け方」が最強すぎる

マスクで感染予防をしたいけど、メガネが曇ってしまう…そんなときに試してほしい、警視庁が考案した裏技をご紹介

話題

2020/01/30 05:00

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、使い捨てマスクの需要が高まっている。しかし、予防したくても「メガネが曇ってしまうのでマスクはちょっと…」と尻込みしてしまう人は多いのではないだろうか。

しらべぇ編集部では、警視庁が「災害時の埃等防止」のために考案した「メガネが曇らないマスクの付け方」を検証。実際にものすごい効果を発揮したので、ご紹介したい。


画像をもっと見る

 

■そのままマスクを付けると真っ白に

今回は、PC作業の際にメガネを着用している女性記者に協力を依頼。「くもり防止」など特殊な加工が一切施されていない、シンプルなマスクをそのまま着用してもらったところ、ものの数秒でメガネが真っ白に曇ってしまった。

では早速、警視庁が考案した「メガネが曇らないマスクの付け方」を2パターンご紹介したい。


関連記事:遠野なぎこ、久しぶりに電車に乗ったら… 「乗客のマスク着用率」に恐怖

 

①マスクの上部を内側に折る

マスクの上部を内側に折る

その場ですぐ実践できる手軽な方法としては、「ワイヤーなどが入っているマスクの上部を内側に折る」という方法がある。たったこれだけで、メガネが曇らなくなるという。

写真のようにマスクの上部を内側に折り、先程と同様に記者に試してみてもらった。

マスク上部を折った結果

すると、ほとんどメガネが曇らなくなり、編集部内でも驚きの声が。つけ心地に影響もないそうで、見た目も全く違和感はなかった。

次ページ
②4つ折りにしたティッシュを挟む

この記事の画像(7枚)