新型肺炎めぐり厚労省のツイッター大荒れ なぜか河野防衛相に注目集まる

新型肺炎に関する情報公開や対応をめぐり、河野太郎防衛大臣のツイートに注目が集まっている。

世間を騒がせている新型コロナウイルスおよび新型肺炎。ここ日本では中国・武漢からチャーター便で帰国した206名のうち、2名が検査を拒否して帰宅したという事実が国民に衝撃を与えている。


■報道を受けてツイッターでは…

すでに日本国内でも感染者が確認されており、もはや隣国だけの問題ではない新型コロナウイルス。にも関わらず、感染している可能性が高い人物らが検査なしで帰国したことを受け、多くのツイッターユーザーが厚生労働省の公式アカウントに怒りのリプライを寄せている。


関連記事:新型コロナウイルス検査はどうやって受けられる? 保健所は「まずかかりつけ医に相談を」

■厚労省アカウントの現在

厚労省は新型コロナウイルスに関する情報を多くツイートしているが、いずれも「武漢から帰国した人を全員隔離してください」「早くワクチンを作れ」といったリプライが多数つく状態に。

また「介護」や「働きかた改革」など別の話題に関するツイートを発信した場合は、「コロナウイルス以外の情報はいりません」「今その情報いる?」など冷ややかなコメントが寄せられた。

関連記事:香港発クルーズ船・ウエステルダム号 新型コロナ検査で邦人乗客4人は陰性

■ここで河野防衛相に注目が…

30日午後、河野太郎防衛大臣が自身のツイッターを更新。国内の新型コロナウイルス感染者の状態経過がどのようになっているか、事細かに綴られたツイートを投稿している。

「感染症」と聞くと厚労省の管轄というイメージが強いが、今回のケースでは防衛省も決して無関係ではない。例えば中国の湖北省に在留する日本人の帰国のためのチャーター便の検疫は、自衛隊中央病院の看護官が支援を行なった上、現地へと向かっている。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、コロナ検査に関する疑問を熱弁 「よく言った!」

■国民が恐れているのは…

ウイルス感染の「拡大」はもちろん怖いが、国民の多くは現状の正確な「情報」が届かないことに恐怖しているのではないだろうか。河野大臣のツイートに対し、ユーザーからは「省庁の垣根を越えて情報を伝えてくださって頂き、ありがとうございます」「やはり詳細が分かると安心します」といった感謝のリプライが多数寄せられている。

しかし国民の不安が取り払われるには、具体的かつ確実な措置が必要となってくるだろう。

・合わせて読みたい→『スッキリ』加藤浩次、コロナ検査に関する疑問を熱弁 「よく言った!」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ