もえのあずき、YouTube進出に秘めた野望 「ラーメン屋で数万円使った」

大食いアイドル・もえのあずきにインタビュー。そして、大食いの撮影現場にも突撃してきた。


 

■デカ盛り撮影の裏側は…

話を聞いていると、是非大食いの現場を見てみたい…ということでYouTube動画の撮影現場に同行させてもらうことに。

今回、彼女が挑んだのは高田馬場に店を構える『表裏』 。もえあずのために用意された「もえきゅんみそラーメン肉ざんまい盛り」(3.5kg)への挑戦となる。


ちなみに、ラーメンが完成する前には「店までの道」「店の外観」「店内」などを撮影していた。「視聴者さんが楽しめるように考えて、色々と撮影するようにしてます」とのことだ。

もえのあずき
(店内を自ら撮影するもえあず)

実際にデカ盛りが登場するが、180cmの大食漢の記者(私)もひと目で「完食は無理」と思ってしまうレベル。「美味しそう〜!」とテンションが上がる彼女は、動画のサムネイル用の写真撮影に移る。

なお、普段は一人で撮影しているため、迷惑がかからないタイミングで店員さんに撮影係をお願いしているようだ。

もえのあずき

なお、動画の撮影は彼女の私物のスマホで行っていた。スマホスタンドと料理を良く見せるための台座など、想像より身近なアイテムが準備され、「こんにちは〜! 歌って踊る大食いアイドル…」といつもの挨拶で撮影がスタート。

もえのあずき

ラーメンの見た目や上に乗る具材、味などをしっかりとレポしながら食べ進めるもえあず。一口の量が大きく、飲み込むスピードは早い。店内に居合わせたお客さんも「あんなに細いのにすごい…」とつぶやいてしまうほどだ。

もえのあずき

撮影を開始してからノンストップで食べ進める彼女、結果15分程でキレイに完食していた。感想を尋ねると「本当においしかったです! これくらいの量なら最後まで味わって食べられますね!」とにっこり。最後は自腹で5,000円を支払い撮影は終了した。


関連記事:RaMu、「ラムちゃん」意識したシーンに困惑「謎にツノが生えてるシーンがあります」

 

■大食いを世界にお届け

「本当にYouTubeはやってよかったなって思います!」改めて彼女はそう語る。そう思う意味を聞くと…

もえあず:YouTubeっていつでもどこでも見られるし、大食いは言葉もいらないから、世界の人にも見ていただきたいなって思ってます。もちろん、日本でももっと知ってもらいたいし…頑張って有名になりたい!


ここまで読んでくれた読者は、すでにもえあずのファンになっていることだろう。ぜひ彼女のYouTubeチャンネルをチェックしてみてはどうだろうか。

・合わせて読みたい→AKB柏木由紀、YouTubeで恋愛観をぶっちゃけ 「好きな異性のタイプは…」

(撮影・文/しらべぇ編集部・木根 大心 取材協力/もえのあずき

この記事の画像(15枚)