宮下草薙、番組で解散を示唆 「このコンビに宮下が必要ない」

『アメトーーク』で宮下草薙・宮下兼史鷹が、活躍する相方・草薙航基に本音を漏らして…

エンタメ

2020/01/31 17:40

宮下草薙

30日放送『アメトーーク』(テレビ朝日系)に、お笑い第7世代の宮下草薙霜降り明星EXITらが集合。宮下草薙・宮下兼史鷹が、相方の草薙航基が大活躍した昨年を踏まえてえ驚きの本音を漏らした。



 

◼宮下の闇

番組では、『今年が大事芸人』を放送。お笑い第7世代の悩みが次々と明らかになった。そのなかで、ネガティブキャラとして注目を集め、テレビに引っ張りだこになった相方・草薙と比べて、思うような活躍が出来なかった宮下は、心の闇をのぞかせていく。

「コンビでももっとテレビに出たい」と望んでいる草薙だが、「(宮下が)一緒に出演しても喋らなすぎてネットニュースになった」と嘆いた。

宮下は実際に出演しても喋ることができず、「『僕はいらないな』と思いながら収録に参加していた」と寂しそうに告白。その姿に草薙が「本当に最近元気がない。昔の元気ある宮下に戻ってほしい」と本心を吐露した。


関連記事:宮下草薙・宮下、相方の草薙に恐怖覚えた夜を語る 「この人は本物なんだ…」

 

◼解散も示唆

「経験のある草薙が正しい」「自分はただのお笑いマニア、マニアの言うことなんて戯言、現場で通用するはずない」「このコンビに宮下が必要ないって最近思っている」と自分を卑下し続ける宮下。

さらに、草薙の「おこぼれで出演している感じがすごいイヤ」と漏らし、「一度、解散してゼロからピン芸人としてやりたい」と解散すら考えているほど悩んでいたと明らかに。

草薙もこの宮下の本音は初耳だったようで、コンビとしてこれからもやっていきたい、喋らなくても隣にいてくれるだけで安心するとフォローしたが、宮下は「隣りにいるだけの芸人って必要ですか?」とネガティブな意見を口にし続けた。

次ページ
◼視聴者も心配

この記事の画像(1枚)