新型コロナウイルス「マスクより買うべきモノ」に驚きの声相次ぐ

新型コロナウイルスの影響で、各地でマスクが品薄に……『ZIP!』にて、感染症の専門家がマスクより効果的な予防策を解説した

エンタメ

2020/01/31 13:00

マスクをした女性
(west/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

中国・武漢で発生した新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界保健機関(WHO)は30日に「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」と宣言。日本国内でもマスクを買い求める人が相次ぐなど、不安の色が濃くなっている。

そんな中、31日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)にて、順天堂大学の感染制御科学教授・堀賢氏が、「マスクより効果的な予防法」について解説した。



 

■「アルコール消毒ゲル」が有効

感染予防について、番組MCの吉田沙保里が「マスクをしていたら安心ですか?」と問いかけると、「じつは、マスクってそれほど効果はないんです」と堀氏。

「大事なのは手指衛生といって手を洗うこと」であるとし、「今マスクがないっておっしゃってましたけど、アルコールのゲルというのが売っています。それで出先で色々なものに触ったらその都度手を洗って消毒する、それが1番効果があると思います」と解説した。


関連記事:新型コロナウイルス対策 「スーパーの入り口にあるモノ」をぜひ使ってほしい

 

■不安になりすぎないで

また、堀氏はこれまでの「SARS」や「MERS」などと比べると、感染者数に対する致死率が低いことにも着目し、「ウイルスによる致死というよりは、医療が行き届いていない、破綻している状況での致死率上昇ではないかと」と見ているという。

「十分に医療が受けられる環境であれば、不安になりすぎることはない?」との質問にも、堀氏は「そうですね、とくに国内では亡くなっている方ほとんどいらっしゃいませんので」とコメントした。

次ページ
■病院へ直接来院は「やめて!」

この記事の画像(1枚)