ロンブー淳、46歳での赤髪回帰に「照れくさい」 相方愛に感動広がる

ロンドンブーツ1号2号の田村淳がYouTubeチャンネルを更新。赤髪に染める原点回帰動画が話題になっている。

エンタメ

2020/01/31 13:30

しらべぇでも既報のとおり、闇営業問題で活動休止していたロンドンブーツ1号2号田村亮が30日、相方の田村淳と都内で記者会見を開いた。

そんな中、淳が自身のYouTubeチャンネルで赤髪に染める様子をおさめた動画を公開。溢れる相方愛に、感動の声が相次いでいる。



 

■原点の「赤髪」に

動画冒頭、「ステージに立ったときに緊張しないように、ポップに仕上げたい」と髪を赤く染める理由について語り始めた淳。

さすがの彼でも久々の場は緊張するのか……と思いきや、「今まで通りの田村淳が横にいたら、亮さんが『うっ』てなるかも」と続け、相方のためでもあることが明かされる。


関連記事:ロンブー、会見で着ていたTシャツに注目集まる 「やっぱり…」

 

■46歳での赤髪に「照れくさい」

このように「原点回帰のためと場を和ませたい」という気持ちから染髪を選んだ淳。概要欄では「相方・亮とのライブを前に赤い髪にしました。初心・原点回帰・とにかく楽しいライブをみなさんにお届けしたいと思います」との記述もあり、ファンへの思いも綴られている。

その後、赤髪について語った淳。髪を初めて赤く染めたのは約20年前であり、それ以降長きに渡って赤髪のイメージがあったが、現在では「46歳になって髪の毛を赤くするのは照れくさい」「照れくさいという言葉を発しとかないと自分を維持できない」と恥ずかしさを隠せない。

そして、しんみりとした面持ちで「最後だろうね、私の赤髪は」「もうしないよ、こんなことでも起きないと」と述べた。

次ページ
■「めっちゃ相方思い」「感動」

この記事の画像(1枚)