「君のためなら監視カメラも用意する」 変態教師の真摯な愛に歓声

ドラマ『ホームルーム』2話が30日に放送。ラブリンに愛されたいファンが急増中!?

エンタメ

2020/01/31 16:20

監視カメラ
(hallojulie/iStock/Getty Images Plus)

俳優の山田裕貴が主演を務めるドラマ『ホームルーム』(MBS系)の第2話が30日に放送。幸子(秋田汐梨)を愛しすぎているラブリンこと愛田(山田)に「守られたい」「最高すぎる」といった歓声が集まっている。



 

■いじめがエスカレート

幸子の椅子に接着剤をつけた犯人は愛田。しかし、この日幸子のお弁当に虫が入っていたという事件は、愛田に無関係だった。愛田以外の誰かが幸子をいじめだしたのである。

かわいい幸子に手を出す奴が許せない彼は、犯人を見つけるために校内のあらゆる場所に防犯カメラをつけ、どこの誰がやったのか真相を確かめようとしていた。


関連記事:壮絶ないじめの犯人が発覚するが… まさかの展開に騒然「相当ヤバい」

 

■犯人特定のため校内に監視カメラ

翌日、幸子がトイレの個室に入ると頭から水をかけられるという事件が発生。女子トイレにもカメラを仕込んでいた愛田は、これで犯人がわかると歓喜するも生徒会役員たちが登場し、びしょぬれになった幸子を連れ去ってしまう。

生徒会長の白鳥奈々(大幡しえり)は、「学園の秩序を乱す者を許さない」という名目で幸子のいじめについて調査していたのである。のちに愛田が仕掛けたカメラを発見した生徒会、及び白鳥は電波感知器を使って関連機器を持ち歩いている人をあぶりだそうとする。

感知器が反応してしまった愛田は一瞬疑いの目を向けられたものの、持っていたワイヤレスイヤホンで事なきを得た。

次ページ
■生徒会長を手籠めに…