2700ツネ、妻に不用意な一言? 「嫁の心境頑張って察してください」

2700ツネの妻がブログを更新。ツネと夕食を巡ってちょっとした揉め事があったようだ。

(画像は2700ツネの嫁ブログのスクリーンショット)

お笑いコンビ「2700」ツネの妻がブログを更新。夕食を巡ってツネが不用意な発言してしまったという。はたしてどんなやり取りがあったのか。



 

■ツネ家ではあるあるのパターン?

妻はブログの出来事があった日について、17時までパートを行い、その後子供を歯科医に連れて行ったと説明。そしてすべての用事が終わったのが、19時だったそうだ。

そこでツネは不用意な一言を妻に言ってしまった。「家でなにつくる?」。これには妻も「もう19時ですけど」と呆れた。時間が遅いうえにこの日はパートに子供の歯科医と奔走していただけに呆れるのも無理はない。


関連記事:妻にウンザリしている夫 だらしなさから「離婚をちらつかせたほうがいい」

 

■もう少し察してあげよう

ここで妻がほしかったのは「外食の選択肢」だろう。実際に「もう遅いしどっかで食べる?とかないのかね…」とコメントしている。モヤモヤした妻の雰囲気をツネは察したのだろうか。

結局は「どっか行こうか」とツネが言ったようで、何とか丸く収まった。「嫁の心境頑張って察して下さい」と妻は思っているようなので、ツネの努力はまだまだ必要だろう。


■献立だけで面倒な人も…

しらべぇ編集部が全国10代~60代の料理をする習慣のある男女887名を対象に調査を実施したところ、全体の71.0%が「献立を考えるのを面倒に思ったことがある」と回答している。

調査献立

献立を考えるだけでも面倒なもの。そこからさらに買い物や調理の時間があると考えれば、遅い時間に家で料理を作るというのは考えにくい。

・合わせて読みたい→大学首席のエリート姑が嫁いびり 子供を置いて実家に帰ってしまう事態に

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(1枚)