差し押さえ物件を購入した新オーナー 室内で39歳女性の遺体を発見

オークションにかけられていた差し押さえ物件を気に入り、購入した人物が家に入って見つけたものが話題になっている。

社会

2020/02/02 19:20

住宅
(7maru/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

米国・メリーランド州で、オークションにかけられていた差し押さえ物件を気に入り、購入した人物がいる。1月25日のこと、家に入って見つけたものが話題になっている。



 

■家の中にあったのは

家を手に入れ喜んだ新オーナーはさっそく家に入り、見て回ると遺体を発見してしまう。その後の調べで「この家で暮らしていた39歳の人物」と判明。しかし、女性の死亡時期や死因など、詳しいことはまだ判明していない。

事故物件は多くの人が抵抗を感じて避けるものだが、思いも寄らない引っ越し祝いをもらってしまった新オーナーのショックは計り知れないだろう。


関連記事:ご近所トラブルが殺人事件に発展 女が隣人をシャベルで殴り殺す事態に

 

■女性の悲劇

警察も気付かなかった事件について隣人らの証言によると、女性には障害があり、介護が欠かせない毎日だったとのこと。かつては家で祖母と暮らし、祖母が女性の世話を続けていた。

その祖母も年をとり、今から約1年前に死去。それから介護士1名が女性宅を訪問し、隣人らもときおり様子を見に行っていたが、数か月前には介護士さえも姿を見せなくなった。

次ページ
■孤独死した女性

この記事の画像(1枚)