コブラショーでヘビ使いの男性がかまれて死亡 笑顔で演技続けるも…

霊能力者として地元で活躍していた男性。悪霊払いは得意だったがヘビの毒には勝てなかった。

社会

2020/02/02 06:00


 

■2時間後には顔面蒼白に

ショーを終えたノルジャニさんの体調に異変が起き、2時間後には顔面蒼白となって病院へ救急搬送。だがそれでは遅すぎた。解毒剤の投与も功を奏さず、ショーの4時間後に息を引き取った。

ノルジャニさんの家族は、かみついたコブラの頭を切り落とし、退治している。


関連記事:ジーンズが青いのはヘビに噛まれないため? チコちゃんが意外なヒミツに迫る

 

■危険動物コブラ

西カリマンタン州周辺ではコブラのせいで毎年何千人もが命を落としており、ノルジャニさんも承知の上だろう。インドネシアでは2016年、20代の人気女性歌手がステージに現れたキングコブラにかまれて倒れ、ほどなく死亡する痛ましい事故も起きている。

警察は、以前からノルジャニさんがコブラを含む多くの危険な動物を扱っており、村の住民も飼っていたことを知っていたと語っている。

・合わせて読みたい→“セイレーン”に見つかるな… サンシャイン水族館が「恐怖の空間」に

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)