『サザエさん』カツオが借りてきた本を… サザエの仰天行動にネット騒然

『サザエさん』カツオが借りてきた本をめぐるエピソードに、多くの視聴者が疑問を覚えている。

エンタメ

2020/02/03 16:20

サザエさん

友人に物を貸した経験は誰にもあるはず。しかし、その物が思わぬ相手に渡っていることも…。2日放送の『サザエさん』(フジテレビ系)でのサザエの行動が波紋を呼んでいる。



 

■花沢家から借りた本に大ハマリ

ひょんなことから、カツオはクラスメイトである花沢さんの父から小説『嗚呼!風雲髑髏城』を借りることに。漢字ばかりで読めずにいたところ、波平が大ハマリ。お風呂に入るのも忘れて読みふける。

そして、別の日には「読みだしたら止まらないの〜」とサザエもハマってしまい、タラちゃんが「ママが遊んでくれないです〜」と愚痴をこぼすほどに。


関連記事:『サザエさん』磯野家が喋る英語に困惑 「出川イングリッシュ…?」

 

■本の行方に驚き

そんな大人たちを夢中にさせる『嗚呼!風雲髑髏城』だが、ある日サザエが「裏のおじいさん」に無断で本を貸していたことが判明。

驚くカツオに、サザエは「『ぜひ読みたい』って言われてね〜」と悪びれる様子を見せず。裏のおじいさんから本を貸してくれたお礼までもらい、ルンルンになるのだった。

次ページ
■ネットで反響相次ぐ

この記事の画像(2枚)