見て触って嗅げる!? 横浜に『モンハン』の世界が出現

モンハンの世界が横浜に上陸! 体感・資料展示・物販と超ボリューム。

ホビー

2020/02/04 09:00


 

■どこを見てもモンスター

続く「砂漠・火山・海フィールド」は、360°ぐるりとスクリーンになっており、いろんなモンスターが自由に動き回っている。

モンハン展

全てのモンスターをしっかり見ようと思ったら、このエリアでいくらでも過ごせそう。しっかり楽しんだ後は、雪山エリアへ。…とその前に、しっかりベースキャンプで休息。

モンハン展

ひんやりした空間の中でギンセンザルがテント側でぐっすり眠っており、思わず連れて帰りたくなるかわいさだ。

そして体感エリア最大の目玉、雪山フィールドへ! 温度、風、雪、香り、振動…五感すべてに「ここは雪山で、目の前にイヴェルカーナがいる」と訴えてくる体験ができるぞ。


関連記事:四千頭身にファンから驚きのプレゼント 「ポロッと言っただけで…」

 

■見きれない量の資料たち

体感エリアを抜けた後は、莫大な量の資料展示が待っている。

モンハン展

歴代タイトルのハンター装備や看板娘・受付嬢の衣装展示は、「これ必死に揃えた!」「やばいこの子好きだった…」と盛り上がること間違いなし。

さらにシリーズすべてを網羅した武器の資料展示やハンター飯の変化も見逃せない。

モンハン展

こんな美味しそうなものをハンターたち食べてるのか…というか、料理上手すぎないか!? そしてモンハンといえばやっぱりこれ、「上手に焼けました〜」体験ができる場所も。

モンハン展

タイミングを必死に覚えた記憶が蘇る…。ほかにもモンスターサイズ比較図・動画、環境生物展示コーナーなど盛りだくさん。さらに「禁忌モンスター」の設定資料が解禁された場所も。

モンハン展

怪しい魅力の「黒龍の邪眼」は必見だ。

次ページ
■物販もすごすぎ

この記事の画像(36枚)