粉ミルクへの異物混入騒動が話題に メーカー広報は「製造工程で混入の可能性は極めて低い」

粉ミルク異物混入が炎上中。関係各所の見解とは…

2020/02/04 08:20

ミルク
(dragana991/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

異物混入事案はたびたび話題となり、炎上騒ぎとなる。昨年は、牛丼にゴキブリが混入したことで炎上。先日は、乾燥いりこのパックにフグの稚魚が混入し、騒動となった。

今度は、「粉ミルクに異物混入か?」とSNS上で話題となっている。しらべぇ取材班は、製造元の親会社と工場を監督する栃木県から、話を聞いた。



 

■「完全防備しているので入るわけがない」

SNS上には、和光堂の「はいはい」という粉ミルクへの異物混入について触れられている。中に、ガーゼのような黒い物体が写っている画像が添付されている。

投稿の本文中には、「異物を調査するからと言われ郵送し、結果がわかり次第、旦那の携帯に電話するように伝えた」。すると「私どもは完全防備しているので入るわけがない。なので西松屋か、私が入れたのでは?」との回答があった旨、書かれている。

いったい何が起きていたのか。


関連記事:「コーヒーフレッシュにハエが混入」との訴え メーカーは「密封した空間で充填している」

 

■「自主的に保健所に報告」

和光堂はアサヒグループ食品のブランド名で、この商品は同社の栃木さくら工場で製造されたもの。その親会社であるアサヒホールディンググループ広報担当は、取材に対して、「SNSへの投稿はすでに確認している」と話す。

その上で、「製造状態を確認したが、製造工程の中での混入の可能性は極めて低い。現在の状況は投稿者に報告済み」と述べた。また、「自主的に保健所にもこの状況を報告したが『分かりました』との回答があり、別段保健所からの指示は受けていない」という。


■「調査するかは未定」

さくら市の保健所を管轄する栃木県庁生活衛生課は、「さくら市の保健所に、工場から第一報の報告はあった」と述べた。その上で、「情報が入ったばかりで、今後調査していくかについてはまだ未定」と語る。

厚生労働省食品監視安全課は、取材に対して「異物混入に関して、国に必ず報告しなければならないといったことはない。調査するかどうかも含めて、都道府県の担当部署の判断に任せる」と回答があった。

・合わせて読みたい→レストランでのアレルゲン誤表記で蕁麻疹に? 県は「事実関係を調査する」

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

厚生労働省異物混入和光堂保健所粉ミルクさくら市アサヒグループ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング