三瓶、滞在4日で「トルコから逃げ出すのを決めた」 帰国後の現在は…

『しくじり先生』でピン芸人・三瓶が衝撃の現在を明かして…

エンタメ

2020/02/04 09:20

(画像は三瓶Instagramのスクリーンショット 左から三瓶、平愛梨、長友佑都)

親交のあったプロサッカー選手・長友佑都とタレント・平愛梨夫妻のトルコ移住に料理人見習いとして付き添いながら、2ヶ月で帰国した三瓶が、3日放送『しくじり先生 俺みたいになるな!』(テレビ朝日系)に登場。

面倒事から避け続けてきた三瓶が過去を振り返るとともに、驚くべき現在について力説したが、視聴者からは厳しい声が殺到している。


画像をもっと見る

 

◼バックレ癖

嫌なコトから逃げ出し続けてきた三瓶。高校卒業後に1年制の料理専門学校に進学、卒業後は料理人の道を進むかと思われたが「組織に加わるのが怖くなった」という理由で面接をドタキャンして逃亡、楽なフリーターの道を選ぶ。

これで逃げ癖がついた三瓶は、「何も出来ないのにプライドだけ高い」社会人になり、面倒になればすぐに仕事をバックレるようになる。その後芸人の道に進んだ三瓶は、2002年デビュー1年でテレビ出演本数184本となる大ブレイクを果たす。


関連記事:平愛梨、4回目の結婚記念日に… 長友佑都との密着ラブラブ写真

 

◼仕事激減でトルコ移住

しかし多忙を極めた生活に、「自分の時間がとれないのがイヤ」だった三瓶はマネージャーからの電話にも出ずバックレるようになる。さらに単独ライブを勧められると「忙しくなるなら仕事を辞める」と拒否するなど、横暴な性格に拍車がかかっていく。

それが原因で仕事が激減した三瓶をみかね、長年親しくしていた平から、トルコ移住の料理人見習いとして同行して欲しいとのオファーが。しかし実際に同行した三瓶は「4日でトルコが嫌になり逃げ出すのを決意した」と振り返る。

時差があるため日本の友達になかなか連絡が取れない、食事があわない、コンビニがない、別スタッフとの共同生活が苦痛といった理由で、日本が恋しくなった三瓶は「ココから逃げたい」と長友選手に吐露。

長友選手から「三瓶さんが楽しい道を選んで下さい」と助言を受けた三瓶は「満面の笑みで帰国した」と明かした。

次ページ
◼現在の三瓶に視聴者は…

この記事の画像(3枚)