てんちむ、セフレがデブ化し“奇行種”のように 「甘いんすよね、自分に」

人気ユーチューバー・てんちむ。久しぶりに会ったセフレが激太りしていたことを語った。

グラビア

2020/02/04 15:00

てんちむ・橋本甜歌

大人向けのトークをすると広告がつかなくなるYouTube。ゆえに収益を気にするユーチューバーたちは自然と大人向け企画を控えるものだが、だからこそ性について真面目に語る動画は価値があると言える。

人気ユーチューバー・てんちむが3日、自身のYouTubeチャンネルの『てんちむCH』を更新。久しぶりに会ったセフレが激太りしていたことを明かし、その際に抱いた感情を赤裸々に語って話題になっている。



 

 

■久しぶりに会ったセフレがデブに

出会った当初は細身体型だったという、てんちむのセフレ。しかし、次第にお腹にだけ肉がついていき、つい先日久しぶりに会ったときには全身のありとあらゆる場所に脂肪がついていたそう。

もともと相手の体型については興味がなかったてんちむだが、相手がコンプレックスに感じているようだったので、行為の際には気を遣って部屋を真っ暗に。しかし、お腹に腕が当たったときに想像以上のボリュームで、集中が途切れることになる。


関連記事:峯岸みなみ、10キロ太って気付いた心の病み 「自分のことが大嫌い」

 

■まるで奇行種

シャワールームに移動すると、そこで相手の体をはっきり見ることになるのだが、お尻の上に腰の肉が乗っているなど、昔とは変わり果てた姿になっていた。

痩せていた頃を知っていることもあり、さすがのてんちむも「奇行種みたいだよ」と指摘。人気マンガ『進撃の巨人』になぞらえた例えに相手も笑ったそうだが、ダイエットを決意してツイッターに書き込むなどしていたという。

しかし、蓋を開けてみると以前と変わらず会食続きの日々で、運動もせず、「2月が終わったら始めようと思う」と語るなど余裕な様子。てんちむは「甘いんすよね、自分に」と、ため息をつくことになるのだった。

次ページ
■体型以上に自分への甘さに落胆?

この記事の画像(1枚)