MLBレジェンドの提案をラミレス監督が拒絶? 「僕はノック受けたくない」

4日、DeNAベイスターズの1軍キャンプに、オマー・ビスケルが特別コーチをおこなった。

インディアンスなどで活躍し通算11回のゴールデングラブ賞を獲得した守備の名手、オマー・ビスケルが4日、横浜DeNAベイスターズの特別コーチとして指導を行った。

かつて同僚だったラミレス監督との縁でこの度臨時コーチに就任し、世界を沸かせた堅実な守備をナインに伝授する。


画像をもっと見る

 

■指導を受けたのは…

オマー・ビスケル/DeNAベイスターズ
(守備の達人としてメジャーで活躍したオマー・ビスケル)

「素晴らしい1日だった。日本の野球に興味があり、テクニック・練習など実際に見て違うこともあるが、いろいろと学ぶことができた」と充実した笑顔を見せたビスケル。

MLBのレジェンドが直接指導するとあり、誰を指導するか記者陣の注目も集まっていた。

主軸として期待される1人、宮崎敏郎内野手へ指導を行ったことを明かしており、「見て思ったこと、感じたことを少しだけアドバイスした。今のままでも十分な実力の持ち主だが、見てて率直に『ここはこうしたほうがいい』ポイントだけをね。細かい点ではあったけど」と回顧。


関連記事:ラミレス監督「筒香がMLBにいきたいと言い始めた頃に佐野新キャプテンを意識」

 

■指導熱にラミレス監督も…

ラミレス/DeNAベイスターズ
(メジャー時代、チームメイトだった2人)

さらにビスケルは、「10日間いるので、ノックをやらせてもらったり、ダブルプレーのデモンストレーションもさせてもらいたい」と意欲も語った。

そんな熱の入った希望にラミレス監督は「それはいいと私も思う」としながらも「…ただ、僕は(もう監督だから)ノックを受けたくないね」とジョークを飛ばした。

かつてのチームメイトに向かって「将来的にMLBの殿堂入りするかもしれない人物。とても感謝している」と尊敬の念も抱くラミレス監督。

「グローブ、下半身の使い方など、彼が言ってることすべてが道理にかなっている。僕もなるほどなと思うことがたくさんある」と自身も学んでいきたいと続けた。


■第一クールが終了

坂本裕哉/ベイスターズ
(一軍キャンプに参加している唯一のルーキー・坂本裕哉)

4日で第一クールが終了。監督は「すごくポジティブなクールだったよ」とチームの仕上がり具合の良さを語った上で、「特に宮崎(敏郎)は調子がいいね。逆方向に打ってたり、タイトルを獲得した頃の調子に近いんじゃないかな」と絶賛。

また新人選手についても「坂本はブルペンで143キロ出していたり、まだまだ向上できるだけの能力がある。開幕時には150キロ出せる潜在能力もあって、ローテ争いに加わることも考えられる」と大きな期待を寄せていた。

・合わせて読みたい→DeNA・新人の坂本裕哉 老後の移住先「暖かくて住みやすい…」

(撮影・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(4枚)