田中みな実、電車で乗客から陰口が聞こえてきて… 「直後の行動」に唖然

『グータンヌーボ2』フリーアナウンサーの田中みな実が、周囲から「ぶりっ子」を求められた過去を告白した。

エンタメ

2020/02/05 14:00

田中みな実

フリーアナウンサーの田中みな実が4日放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)に出演。見た目のイメージからか、周囲から「ぶりっ子キャラ」を求められて困惑した経験を話した。



 

■「暗かった」と噂される

番組では、「見た目だけで誤解された経験」についてトークを展開。見た目の印象を逆手に取って利用している田中だが、ときにはイラッとくることもあるよう。

仕事の打ち合わせで「『ぶりっ子しておいてください』とかいい加減なことを言われると、(心を)急に閉ざしちゃう」とのこと。しかし、そのせいで後日「すごい暗かったよ」と陰口を言われることもあるという。


関連記事:田中みな実、計算高さを隠さない理由 「素敵すぎる」と称賛相次ぐ

 

■電車で陰口が聞こえてきたら…

また、普通に歩いているだけで「ぶりっ子してなくない?」と言われることもあるとか。

電車に乗っているときに「ぶりっ子してないじゃん」と乗客の囁く声が聞こえると、「降りるときに『ぴょん!』ってかわいく降りたりしますよ」と両手を翼のように広げてぶりっ子することもあるようだ。

この話に、女優の長谷川京子は「嘘でしょ!?」と驚き、女優の西野七瀬も「サービス精神(がスゴイ)」と感嘆すると、田中はカメラ目線で「田中みな実だから」とアピールした。


■見た目がその人の多くを語っている?

見た目、そして普段のキャラによってプライベートでも「ぶりっ子」を期待されてしまう田中。

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,789名に調査したところ、全体の48.7%が「見た目がその人の多くを語っていると思う」と回答している。

見た目が多くを語る

男女年代別で見ると、男性よりも女性のほうがややその傾向が強いようだ。

見た目が多くを語る

プライベートでもぶりっ子をしっかりと演じる田中だが、そのプロ根性は「さすが!」の一言だ。

・合わせて読みたい→「ぶりっこポーズ」が可愛すぎる 重盛さと美の彼女風ショットにファン悶絶

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)