ダルビッシュ、“箸の持ち方アンチ”に対する返しが「天才すぎる」

箸の持ち方に関する疑問を当時、ネット上で議論を巻き起こしたダルビッシュ。追撃となるかのようなツイートを発し…。

エンタメ

2020/02/05 19:45

ダルビッシュ有

日本人にとって日々の暮らしに欠かすことのできない箸だが、「正しい持ち方」に関する議論はいつの時代も活発に行われている。最近ではMLB・シカゴカブスに所属するダルビッシュ有投手が箸の持ち方に対する持論を展開し、ネット上で話題になった。



 

■とてつもない「あおりスキル」?

4日には「箸の持ち方」がツイッターのトレンド入りを果たすなど、SNS上に大きな影響を与えたダルビッシュのツイート。ダルビッシュ本人は5日に突如ダーツボードの写真をアップし、「ほぼやったことないダーツを練習することにしました。 誰か正しい握り方を教えてください」という文章を綴った。

続いて2本のダーツを箸に見立てて握り、「やっぱりダメですか?」と投稿。「自虐ネタ」なのか箸の持ち方に関するアンチを「あおったネタ」なのかジャッジは難しいが、ファンには大ウケしているようだ。


関連記事:不登校YouTuber、高級寿司店での「箸の持ち方」が話題 ダルビッシュ交え論争に

 

■まさかのネタにファンは…

自身が盛り上げたネタを土台に、新たなネタを生んでしまったダルビッシュ。その手腕は見事なものだが、ファンの中には「持ち方の問題提起は、このための前振りだった…?」「完全にこのツイートのために、伏線張ってましたね?(笑)」「ダーツネタがやりたかったんだとしたら、天才すぎる」など推理力を働かせた人もいるようだ。


■ユーモアが好きな人は…

ハイセンスなユーモアを披露してくれた今回のツイートだが、一般的に「知的なユーモア」はどのような印象を抱かれているのだろうか。しらべぇ編集部が以前、全国の10〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、「知的なユーモアを話せる人は素敵だと思う」と回答した人は全体の65.0%と判明している。

知的なユーモア

試合外でも見事な「変化球」を披露してくれたダルビッシュ。投球同様、笑いのセンスもキレキレのようだ。

・合わせて読みたい→ダルビッシュ有、トレーニング中に空を飛んでしまう 「誰やコイツ…」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)