「俺はコロナウイルス感染者」嘘でフライト緊急着陸 ミュージシャンを逮捕

世の中にはやって良いことと悪いことがある。28歳にもなって、その判断ができないとは…。

社会

2020/02/06 11:00

ミュージシャン逮捕
(Gerasimov174/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

お騒がせ目的の動画の投稿は世界的に見ても一時期より減少した感がある。だがよりによって今、こんな悪質なイタズラを働く者が現れるとは…。



 

■順調だったはずのフライトが…

各国のメディアによると、騒動はカナダ・トロントで現地時間の2月3日午前10時頃、ジャマイカのモンテゴベイ国際空港に向けてトロントを飛び立ち、順調に飛行を続けていたウエストジェット航空機の機内で発生した。

若い男がいきなり座席から立ち上がり、大きな声で「俺、新型コロナウイルスに感染しちゃった」と言い放ったのが発端だった。


関連記事:新型ウイルス感染の疑いで搭乗拒否 子供を空港に置き去りにした両親に唖然

 

■引き返した空港も厳戒態勢

コロナウイルスの感染者が乗っていると知り、乗客らは騒然となる。客室乗務員はただちに配布するマスクや手袋の準備に入り、機長は管制塔に引き返しを要請。それが認められると午後2時10分ごろにトロント・ピアソン国際空港に緊急着陸した。

続いて、オンタリオ州ヴォーン出身のジェームズ・ポトクという28歳の男が厳戒態勢のなかで医療スタッフに迎えられた。

次ページ
■説明があやふやだった男

この記事の画像(1枚)