プロeスポーツ選手がヘイト発言で炎上 所属チームは「許されるものではない」

eスポーツのプロ選手がヘイト発言で炎上。運営会社の見解とは…

話題

2020/02/06 09:40

テレビゲーム
(by sonmez/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

近年は高額な賞金が設定された大会も行われて、世界的に人気が高まっているeスポーツ。そんな中、あるプロ選手のSNS上での発言が物議を醸している。しらべぇ取材班は、運営会社から話を聞いた。



 

■「中国人嫌い」の過去投稿で炎上

炎上しているのは、「AXIZ」所属のFujioka選手。その発言は、2015年から2016年ごろまでの間に、本人のツイッターアカウントに投稿された。内容は、「中国人嫌いやわ」「こういう包丁で中国人殺しまわりたい」と発信し、実際の包丁の写真付き。

さらに、「俺今日ガチで障害者だったし、本当に申し訳ないしマジで死にたい」といった差別発言も。


関連記事:出演者が不適切発言 アナウンサーが謝罪するのはおかしいと思う?

 

■本人はツイッター上で謝罪

この内容が、広く拡散されたことで、本人は、「過去のツイッター上での様々な発言に対しては、心から反省しています」「今後はプロの自覚を持ち、二度とこのようなことをしないように誓います。 申し訳ありませんでした」とアカウント上で謝罪。

運営会社の公式アカウントは、「新規加入したFujioka選手の過去の発言でご迷惑をおかけし、あらためてお詫び申し上げます。 今後の対応については、チームで協議を行います」とツイートした。

次ページ
■「許されるものではないと判断」