「侍ジャパン」稲葉監督、DeNAの2選手に熱視線 「気になっています」

日本代表の稲葉監督が、沖縄で行われているDeNAベイスターズのキャンプを視察。代表候補最有力の2人に熱視線を注いだ。

沖縄・宜野湾で行われていた横浜DeNAベイスターズの春季キャンプに、日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督、建山義紀投手コーチ、井端弘和内野守備・走塁コーチが訪れ、日本代表候補に熱視線を注いだ。


画像をもっと見る

 

■稲葉監督の目線

横浜DeNAベイスターズ/稲葉篤紀/坪井智哉
(DeNA坪井智哉打撃コーチと談笑する日本代表の稲葉篤紀監督)

4日朝、メイングラウンドでDeNAのラミレス監督、今永昇太投手らと会話をした後、ブルペンを視察した稲葉監督。

「昨年(のプレミア12で)戦ってくれた今永、山崎。あの辺は気になっていますし、若い選手でもいい選手がたくさんいるので楽しみ」と明かし、「2019 WBSCプレミア12」で大車輪の活躍を見せた山崎康晃投手、さらには若手有望株である石田健大投手らの投球を見守った。


関連記事:渋野日向子、始球式にタジタジ? 稲葉監督も「フォームが良い」

 

■山崎は当確か?

横浜DeNAベイスターズ/山﨑康晃
(球界を代表するクローザー・山崎康晃)

視察後、稲葉監督は山崎について言及。

「抑えという非常に重要なところで、しっかりとプレミア12でも抑えてくれた。何と言っても彼はジャパンへ対する思いが非常に強いですから。そういうところも含めて今年しっかりまた見ていきたいと思っています」と東京オリンピックの選手選抜に向け、注視していくことを明かした。


■「しっかりと結果を残してくれた」

横浜DeNAベイスターズ
(練習を見守る建山義紀投手コーチと稲葉監督)

今永についても同様に「昨年(プレミア12で)大事な2試合を投げてもらって、そこでもしっかりと結果を残してくれた」と称賛の声を送った稲葉監督。

さらに「今年もしっかりとベイスターズでローテーションを投げてもらって。そういうところもしっかり見ていきたいなと思っています」と、今永のタフネスぶりにも期待感を示した。

・合わせて読みたい→山﨑康晃「光さんに一票」 ベイスターズの次期キャプテンは伊藤光?

(撮影・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(5枚)