趣味が合う知り合いがいない… トラブルを避けるため一人でいる人も

同じ趣味を持つ人と集まり、共有したいと思っている人も多い。一方でまったく一人で、趣味を楽しむ人も。

ホビー

2020/02/08 08:00


 

■女性は趣味を共有したい

一方で女性は、同じ趣味を共有することを好む人が多いようだ。

「同じアニメが好きな人たちと、ツイッターでやり取りして交流を取っている。そこからイベントの現場などでリアルでも会うようになり、今では一緒に飲みに行くまでに仲良くなった。


趣味が同じ人がいると、好きなことを共有できるのがいい。会社の人に好きなアニメについて語っても、引かれるだけだから」(20代・女性)


関連記事:趣味から仕事まで 自分には向いていないとあきらめた経験談

 

■トラブルを避けたいので

トラブルを避けるために、趣味の現場では知り合いを作らない人も。

「以前、ある趣味の集まりで、ちょっとしたトラブルがあった。人間関係のトラブルのせいで好きなものを純粋に楽しめなくなり、とても苦しい気持ちになってしまって。


それ以来、趣味の場所では、人付き合いを避けるようにしている。仲良くしている人たちを見るとうらやましいと思うけれど、過去の出来事が完全なトラウマになっている」(30代・男性)


趣味を共有するかどうかは、それぞれの考え方によって変わるのだろう。

・合わせて読みたい→「パートナーと同じ趣味がいい」 若い世代は恋人と一緒に楽しみたい傾向も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女1,798名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)