高嶋ちさ子、純烈のファンへの姿勢に猛省 下積み時代振り返り「耳が痛い」

『ザワつく金曜日』で、スーパー銭湯アイドル・純烈がファンへの姿勢を熱弁して…

エンタメ

2020/02/08 11:30

高嶋ちさ子

7日放送『ザワつく金曜日』(テレビ朝日系)でマダムに大人気のスーパー銭湯アイドル・純烈と歌手・中澤卓也に密着。純烈が中澤に伝えた「ファンへの姿勢」に、高嶋ちさ子は「耳が痛い」と反省しきりだった。



 

◼純烈が中澤にアドバイス

ライブ終わりの楽屋、挨拶に訪れた事務所の後輩でもある中澤は、『NHK紅白歌合戦』に2年連続で出場を果たした純烈に「どうやったら『紅白』に出れますか?」と質問する。

これにリーダーの酒井一圭は「中澤卓也だけの色んなものを編み出していくのが大事。唯一無二の武器を作るべき」とアドバイス。続けて小田井純平は「信念を持っていれば寄ってくるものもある」と口を開く。

純烈と中澤が書いたサイン色紙を手に、「(中澤は)写真とサインだけ。空きスペースになにか一言書いておけよ」と指摘し、中澤に代わって「ありがとうございました」と小田井が一言書き加えておいたと明かす。

「こういうのが大事。枚数たくさん書いてるなんてもらった人は知らない。サイン1枚でもファンを想って書け」と助言をおくった。


関連記事:純烈、紅白でシャンプーハットを配る? 「もし出られなかったら…」

 

◼ちさ子も共感

VTRをモニタリングしていたちさ子は「耳が痛い」と反省。「純烈さんの言ってることは身に染みてわかる」と、自身も売れない下積み時代が長かったと当時を振り返っていく。

「水戸駅前ビルの地下のキャバレーで『ツィゴイネルワイゼン』を引いたときは、なんか違うなと思った」と客層を考えずに選曲ミスを繰り返していたと告白。

自分が弾きたいからとエゴを押し付けるのではなく、「お客さんの顔を見て曲を決める」、ファンファーストが大事だと力説した。

次ページ
◼新たなファン獲得?