『月曜から夜ふかし』の郡司さんも経験? 運動音痴を笑われた瞬間4選

運動音痴の郡司さん大人気。でも、笑われた経験を持つ人は多い?

2020/02/09 19:00


 

■笑われた瞬間4選

運動を笑われたのはどういうときだったのか。複数の人に聞いてみた。

①器械体操

「私は身体が固く、柔らかさを要する器械体操が苦手。体育の授業で前転も後転すらできないことを笑われてショックだった。しかも皆が影でクスクスと笑っていて、すごく嫌な気分だった」(20代・女性)


②跳び箱

「跳び箱が上手くできず、3段も跳ぶことができなかった。一生懸命やっても跳べないのに『真面目にやれ』とかいわれて。未だに、トラウマになっている部分がある」(30代・男性)


関連記事:ノンスタ石田の“マット化”にツッコミ続出 「その発想なかった…」

 

■団体競技でも…

③バレーボール

「バレーボールが苦手で、ボールをレシーブすることができなかった。相手から執拗に狙われ、チームのメンバーからは冷ややかな視線…運動能力の低い人間にとって、チームスポーツは地獄。金を積まれても、もうやりたくない」(30代・女性)


④リレー

「自分はとにかく足が遅くて…50メートル9秒くらいかかる。運動会の全員参加のリレーでどんどん抜かされ、笑われた。自分は真面目に走っていたのですが。あれ以来、本当に走ることが嫌い」(40代・男性)


本人は真面目にやっていても、なかなかついてこない運動神経。それを笑われてしまったら、より運動が嫌いになってしまうだろう。

・合わせて読みたい→運動でリスクを減らす? 経営者の2割が病気をきっかけに運動を始めた経験も

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
対象:全国10代~60代の男女1,733名 (有効回答数)

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

運動笑い日本テレビ月曜から夜ふかし体育調査郡司さん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング