ヘソ出しホットパンツが王道? JAEPO2020コンパニオンレポその2

2日間に約15000人が来場した最新のゲーセン機種が楽しめるイベント「JAEPO2020」が閉幕。各社のコンパニオンも会場の見どころの一つだ。

8日、千葉・幕張で最新のアーケードマシンやプライズが集結する「ジャパンアミューズメントエキスポ2020」(通称:JAEPO2020)が閉幕した。

今回で8回目の開催となる同イベント。いわゆるゲームセンターに設置される最新ゲーム機が一斉に体験できる催しで、7~8日の2日間開催で15,241人の来場があり、うち7,392人がビジネス来場者と、BtoBの商談が行われる貴重な機会でもある。

SEGAやKONAMI、バンダイナムコ、TAITOなど大手メーカーは、ゲーセンの未来を予感させる最新機能満載の筐体をPR。その大事な案内役がコンパニオンさんで、中にはヘソ出しホットパンツのコスチュームを見事着こなす現役レースクイーンの姿も。

コンパニオンレポートその1と合わせてそんな彼女たちの様子をチェックしてみよう。


画像をもっと見る

 

■KONAMI

JAEPO2020

JAEPO2020

JAEPO2020


関連記事:美脚ぞろいのコンパニオンたちに心酔! 「JAEPO2020」レポその3

 

■バンダイナムコアミューズメント

JAEPO2020

次ページ
■バンダイナムコアミューズメントその2

この記事の画像(37枚)