加藤浩次、生放送中のひと言に称賛 正真正銘の“イクメン”だった

我が子を題材とした「泡アート」を手掛ける男性の特集で、加藤浩次が何気なく放ったひと言。子育て経験のある視聴者から多くの反響が寄せられている

エンタメ

2020/02/10 16:30

加藤浩次

10日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、インターネット上で話題になっている「子供のアート写真」について特集。

その中で、番組MC・加藤浩次の何気ない発言が「育児をしてきた人でなければ分からないこと」だとして、反響が寄せられている。



 

■子供とのお風呂で「泡アート」

番組では、現在3歳3ヶ月の長男と、1歳6ヶ月の長女を題材にアート作品を制作し、話題になっている男性について特集。

そのアート作品とは、子供たちを風呂に入れた際、よく泡立てたベビーソープの泡を使って作る泡アートのこと。まるで彫刻のような見事な作品の数々に、加藤は「すごいね」「これはアートだね」と感激。

どれも子供たちは笑顔で写真に写っており、「おこちゃまもよく待ってられたね」と子供たちの辛抱強さも称賛する場面も。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、結婚報告を謝罪する嵐・二宮和也に一言 反響相次ぐ

 

■実感こもった「寝ちゃうんだよね」

続いて、長男がまだ0歳だった頃の作品が紹介されると、加藤は見事な泡アートよりも、どの写真も長男が眠ってしまっていることに着目。

写真を見つめながら「赤ちゃんってさ、頭洗ってあげると寝るんだよね」「待ちきれなくて寝ちゃったんだ」と微笑む。

そして特集の最後では、投稿者の男性も子供の健康面を気遣い「制作は必ず2分以内に留めている」というポイントを抑え、「これ見てやってみようというお父さん、お母さんいると思いますけど2分以内にしてもらいたいですね」と呼びかけた。

次ページ
■「やっていないと出ない言葉」と反響

この記事の画像(2枚)