加藤浩次が絶賛 西野未姫のナンパ待ちファッションに「声をかけやすい」

『極楽とんぼのタイムリミット』加藤浩次が、西野未姫の「ナンパ待ち」コーデを絶賛。ミニスカートとニーハイブーツは最強?

エンタメ

2020/02/10 17:40

加藤浩次
©AbemaTV

10日放送の『極楽とんぼのタイムリミット』(AbemaTV)にタレントの加藤浩次が出演。西野未姫の「ナンパ待ち」ファッションを絶賛した。



 

■3分に1回ナンパされた過去

番組では、女性芸能人たちが街に繰り出して一般男性からのナンパを待つ企画「ナンパ待ち選手権」を放送。

「道歩いてたら、ナンパめっちゃされる」と自信満々の西野は、かつて新宿の歌舞伎町で「3分に1回ナンパされたことがある」とエピソードを語る。

西野いわく、帽子をやや深めに被ってうつむいた姿のときに声をかけられるようで、「ちょい顔隠し」テクニックを使ってガチでナンパ待ちに挑戦する。


関連記事:今田耕司、眠れなくなるほど後悔したナンパを語る 「今は声かけられへん」

 

■ミニスカ、ニーハイブーツは最強?

早速、街へと繰り出した西野は、近くにいる男性の顔をじっと見たり、動き回ったりと明らかに「ナンパ待ちしています」といった様子でブラブラする。

ミニスカートを穿いた西野に、加藤は「この格好は本当にナンパに一番いいかもしれない。声をかけやすい」と絶賛。ニーハイブーツという組み合わせにも「あれは結構効き目ありますね。ポイント高くないですか?」と褒めちぎる。

加藤の読みどおり、西野は出演者のなかでもっとも早く声を掛けられることに。しかし、最終的には最下位になってしまい、街のど真ん中で下半身をかきむしるという恥ずかしすぎる罰ゲームを受けるのだった。


■ナンパ待ちをした経験は…

「ナンパされて迷惑」という女性は少なくないが、日によっては「ナンパされてもいいかも…」といった気分になることもあるだろう。しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性775名に調査したところ、6.5%が「ナンパ待ちをしたことがある」と回答している。

結果的には負けてしまった西野だが、ミニスカート、ニーハイブーツ、帽子という組み合わせはナンパ待ちをする際には使えるアイテムかもしれない。

・合わせて読みたい→パリピ芸人が語るカラオケ最強ナンパテク 指原莉乃も「スゴい」と驚き

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女775名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)