「ゴキブリに元恋人の名前をつけて餌に」 動物園のバレンタイン企画が話題

ちょっとしたリベンジとして、動物の餌に元恋人の名をつけませんか? そんな企画が話題を集めている。

社会

2020/02/11 12:30

ゴキブリ
(画像はInstagramのスクリーンショット)

バレンタインデーを前に、「今年はどのように祝おうか」と多くの人たちが胸を躍らせている。ところが、「恋人にふられた」「離婚した」との理由で、バレンタインデーを前に気落ちしている人も少なくはない。

そんな人たちの気晴らしにおおいに役立ち、しかも開催側にも利益をもたらすイベントをある動物園が企画した。



 

■バレンタインデー用に斬新な企画

バレンタインデーを数日後にひかえ、相手がいる人たちは浮かれて待ち遠しいころ。一方で、この時期に一緒に過ごす相手がいないと、元恋人・パートナーを思い出し、いら立つ人は多い。

そこで、米国・テキサス州のサンアントニオ動物園がその心情に着眼し、悪趣味だがそんな人たちが食いつきそうなリベンジ企画を思いついた。


関連記事:大阪市が導入の餌やり規制条例 住宅街などでの餌やりは迷惑行為?

 

■驚きの企画内容

動物園はSNSやサイトを通じて「動物の餌用にゴキブリを用意してありますので、それに元恋人の名前をつけてバレンタインデーの日に食べさせませんか」と企画を発表。

さらに「元恋人が最低な人間だったのなら、ぜひネズミにも命名を」「ネズミは爬虫類の餌にして食べさせます」としている。

次ページ
■シェア可能な証明書の発行も

この記事の画像(1枚)