アラブ最強炊き込みご飯『マンディ』がなぜか茨城県で食べられるらしい

ドバイでおなじみのイエメン料理『マンディ』を茨城県で

グルメ

2020/02/11 18:40

イエメン発祥の炊き込みご飯『マンディ』は、中東最大規模の観光地・ドバイで大人気のアラビアンフードだ。

日本でマンディを食べられる店はほとんどないのだが、じつは茨城県坂東市のレストラン『チャスカ』で食べることができる。


画像をもっと見る

 

■取材を申し込むと…

マンディがどういう食べ物かを説明するために、シェフに「調理風景を撮影していい?」と聞くと、快くOKをもらうことができた。

マンディは炊き込みご飯の上にチキンやマトンなどの肉をのせるのが定番で、チャスカのマンディはチキンを使用。


関連記事:日本ではほぼ食べられないアラブの激ウマ飯『マンディ』って知ってる?

 

■チキンは独自のスパイスで味付け

一見タンドリーチキンのように見えるが、マンディ用のチキンはそれとは違ったスパイスで味付けされており、辛さはやや控えめ。

ご飯の調味料は企業秘密らしいのだが、炊き方は一度塩でバスマティライスを炊いて、蒸らすときに調味料を合わせる方式だ。

次ページ
■ライスの味付けは企業秘密

この記事の画像(13枚)